流産について

流産する事を前提に考えている患者様がいらっしゃる事に、驚いています

私は病院の産婦人科で働いています。
看護師ではありませんが、常に患者様との出会いがあります。
時々内科に来られて、後から産婦人科に来られる方もいらっしゃいます。
時々その反対もあり、妊娠したみたいだから診て下さいと来られるのですが、腹痛があるので流産かも知れないと、ご自分で判断されていらっしゃる例もたまにあります。
結局妊娠はしていなくて、虫垂炎の始まりだったそうです。
他には、妊娠中に虫垂炎になり、流産の危険もあるので、入院して内科と産婦人科で話し合い、協力し合って治療する事もあります。
ですが、一番危険な考えは、妊娠したら、流産する事を常に考えている方がいらっしゃる事です。
そんな事を考えていたら胎児にも伝わります。
せっかく産まれようとしているのに、そういった考え方をしては赤ちゃんにかわいそうです。
不安になる気持ちも分かりますが、医師からの指示がない限り、大丈夫だと納得して下さい。

Copyright© 流産 All Rights Reserved.

流産する事を前提に考えている患者様がいらっしゃる事に、驚いています